広告

学生のためのカード、三井住友visaデビュープラスカードとは

2017年10月10日クレジットカード

学生のために作られているカード、それが三井住友visaデビュープラスカードです。

このカードの特徴は何といっても、18~25歳の方専用に作られていること。シンプルな機能、そして銀行系発行という強みは大学に入学するにあたって初めて作るカードとして人気の理由です。

このカードには、クレジットカードのデビューを飾る一枚としてピッタリの魅力が多く存在します。
ここでは、三井住友visaデビュープラスカードの魅力を徹底解説いたします!

主な魅力
魅力1:年会費が実質無料!!
魅力2:銀行発行のカードだから、セキュリティが神!!
魅力3:ポイントが貯まりやすい
魅力4:ゴールドカードへの自動切換
魅力オマケ:親の確認がいらない

魅力1:年会費が実質無料!!

当たり前ですが、無駄な支出は少ない方がいいです笑 カードの年会費なんてものは、ステータス性のあるカードでこそ真価を発揮しますが、学生のうちから持てるカードで年会費があるなんて論外です。こちらのカードももちろん、年会費無料。サービスの充実度を鑑みると相場観として1万ぐらいしてもおかしくないのに無料なのは、若年層向けのカードだからこそなしえる技かもしれません。※年1回以上の利用が必要(1円でもok ※もし利用がない場合は年会費1250円+税(それでも安い笑

魅力2:銀行発行のカードだから、セキュリティが神!! マジやべぇ

やはり自分の大切なお金に関わるカードの話ですから、セキュリティは重要視したいところ。三井住友銀行といえば、3大メガバンクのうちの一つでもあり、セキュリティ面で右にでるカードはないでしょう。不正利用防止のため、24時間365日カード利用はモニタリングされており、もしもの時も会員保障制度により即座に保障がなされます。

豆知識:実は日本初のvisaカードは三井住友銀行発行の「住友visaカード」。国内のVisaカードのパイオニアとして、安心と信頼を積み重ねてきて今に至ります。Visaの歴史は三井住友カードの歴史とも言えますね笑

魅力3:ポイントが貯まりやすい

18~25限定のこのカードは、通常カードよりポイントが2倍多く貯まります。だいたい100円で1円分のポイントがたまる計算になるので、他のカードと同程度といえるでしょう。これだけでは他を圧倒するポイント還元率とは言えません。
クレジットカードで効率的にポイントを貯める方法 でも紹介していますが、ポイントを効率的にためる際に重要なのは、実は些細な支払です。日々、コンビニや自動販売機での支払いをクレジットカードで行うことで、小さな積み重ねが大きな還元を生みます。それを可能にするID機能が三井住友カードにはデフォルトでついているんです!これにより、支払いをできるだけカード払いにすることが可能で、ポイントもどんどんたまります! 貯まったポイントは、アマゾンやTポイント、IDにチャージなど、多様な方法で使うことができます。

魅力4:ゴールドカードへの自動切換

やはり、ゴールドカードって憧れますよね。持ってるだけで、なんとなくエリートに慣れた気がしますし、限度額も高く、使う時も一目置かれる存在です。もちろん、学生が持てるような代物ではありません。。社会人になっても、審査が厳しいため万人が持てるものではありません。。orz

しかし、三井住友デビュープラスカードを使っていれば、なんとゴールドカードへのランクアップが確約されるんです!若いうちからデビュープラスカードでクレジットカードの使用履歴を残しておくことで信用が貯まり、プライムゴールドへの自動切換えができるんという仕組みです!これは超大きな魅力ですね。なんてったって、三井住友発行のゴールドカードを所有する権利が、学生のうちにデビュープラスカードに入会するだけで手に入るんですから。

将来を考える人にとってこの機会を逃すわけにはいきません!!
将来のためにも、今、もっておきたいカードといえます。

魅力オマケ:親の確認がいらない

実はこちらのカード、申し込みに際して親への確認がいらないんです!特に悪用するわけでなくても、いちいち用途を説明したりなどの手間が省けるのは嬉しいところ。

しかしここで注意点!!これが適用されるのは、20歳以上、成人の方のみとなります。申込書に親権者同意欄という欄があるのですが、成人は未記入でOKです。未成年の方はこちらの記入がないと申し込みが受理されませんのでご注意ください。また、保護者の電話番号を記入する欄がありますが、こちらは便宜上欄があるだけで、記入しても連絡等はいかないのでご安心ください。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。
コチラのカードは学生などの若年層に向けたカードということで、かなり費用対効果が高いカードとなっています。学生という身分をフル活用して、こちらのカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。